top of page

ブログ

検索

住所更正登記

久しぶりの更新になります。。。 登記していた住所が現在の住所と違っていたら ①登記→住所移転=住所変更登記

②登記したときにそもそも間違ってる=住所更正登記 を申請することになります。


変更登記は基本そこまで書類を集めなくて済むのですが(住所の変遷がわかる住民票や戸籍附票等)、更正登記は結構書類を集めないといけません。


そもそも住所が間違っていることの証明書(住民票等の住定日などでわかります)

登記簿上の住所に本籍や住所がないこと証明(不在籍証明書、不在住証明書など 本籍があるともちろん証明書は出ません)

更正登記をする人間が登記簿上の人間であることの証明として、登記済権利証等(いらないよっていう法務局もあるそうです)

などなど・・・


もちろん、間違えて登記されるということはほとんどありません。

ただ、100%ではなく、特に一般の方が登記の申請をした場合は間違えて登記される確立は上がると思います。

登記申請書は難しいものから簡単なまのまで色々ありますが、万が一、間違えて登記されてしまった場合、直すのは大変です。

実際、この間更正登記を申請しました。

結構特殊な間違い方だったので本当に大変でした。

内容については・・・またこんど機会がありました。。。。



最新記事

すべて表示

日本政策金融公庫の抵当権設定登記・根抵当権設定登記

日本政策金融公庫は、国民一般、中小企業、農林水産業者などへ、様々な制度を設け、融資を行っています。 無担保での融資制度もありますが、不動産を担保に入れる融資制度もあり、不動産を担保に入れる場合は、抵当権又は根抵当権を不動産に設定する登記手続が必要になります。 また、その場合、登記手続完了後に融資が実行されることも多く、資金調達を急ぐ場合は、迅速に登記手続を行わなければなりません。 抵当権設定登記手

お盆期間中の営業についてのお知らせ

当事務所では、2023年のお盆期間中は、8月11日(金曜日)から16日(水曜日)までの6日間を夏期休業とさせていただきます。 夏期休業の期間中は事務所の電話はつながります。お問い合わせのメールや着信は確認する予定ですが、通常よりもお返事が遅くなることもありますのでご承知おきください。 2023年お盆期間中の営業 ・8月11日(金曜日)山の日 休み ・8月12日(土曜日)休み ・8月13日(日曜日)

Commentaires


bottom of page