top of page

ブログ

検索

6年目に突入しました

司法書士三上事務所を開業して丸5年が経ち、今日から6年目に突入しました。

正直、ここまでできるとは開業当時は自信が無かったです。

ここまで三上事務所を支えてくださった、ご依頼者様や声をかけていただける方々のお力によるものだと思います。

この場を借りてお礼申し上げます。


開業当時、色々な人に「まずは5年だね。5年頑張れることが大切だよ。」と言われました。いいときもあれば悪いときもありました。最近ではコロナ禍ので色々なことが変化する大変な時期でもありました。

しかし、大変な中でも初心を忘れず、ご依頼者様に対し真摯に向き合い、いただいた業務を遂行していくことをまず第一に考え進んでまいりました。


やっと5年が経ったと思うと同時に、まだ5年しか経っていないと考えが浮かびます。

まだまだなところが多く、皆様に助けてもらいながらこれからも三上事務所を進めていきたいと思います。


あらためまして、これからもどうぞ司法書士三上事務所をよろしくお願いいたします!

最新記事

すべて表示

相続が発生すると、まず最初にしないといけないことが相続人の確定作業になります。 被相続人(亡くなられた方)にはどの順位の相続人がいるのだろうか(第1順位 子や孫、第2順位 直系尊属、第3順位 兄弟姉妹 配偶者は常に相続人です)、何人いるのだろうか等です。 例えば、お父さんが亡くなって、相続人が奥さんと長男、長女が相続人である。この場合は特に難しい問題は生じない可能性が高いです。 ここに条件を加えて

相続手続のご依頼を頂く際に、たまに「預金口座もお願いしたいのですが。」と言われます。 預金口座の解約払戻の手続きは一見簡単そうと思われています。ただ、最近はなかなか面倒になってきています。 まず、金融機関にそのまま赴いても「予約されてますか?」と言われます(もちろん、予約なしでも受け付けてくれる金融機関もあります)。第一段階でこの「予約」制度が引っ掛かる方が多いようです。仕事休まれて手続きに来てい

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 年始がバタバタしてしまい、新年のあいさつが遅くなってしまいました。。。 1月も16日を過ぎてしまい、新年のあいさつでもないと思いますが、今年も三上事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

bottom of page