ブログ

検索

第三者のためにする契約

この前、新中間省略登記=第三者のためにする契約による登記申請をしました。

随分前に毎週のようにやっていた登記ですが、久しぶりにやると「あれ?こんな感じでよかったっけ?」となりました。

ここでおさらい。

売主A

中間B

買主C

の契約で

A→Bの売買契約で 「Bは、売買代金全額の支払いまでに本件不動産の所有権の移転先となる者を指名するものとし、Aは、本件不動産の所有権をBの指定する者に対しBの指定及び売買代金全額の支払いを条件として直接移転することとする。」

というニュアンスが売買契約書に必要。

その売買契約が締結された後、B→Cの売買契約。

これでBはCを指定し、Cは所有権の移転を受ける旨の意思表示をしたことになる。

こんな感じだったかなぁと思い、後は関係各所に必要書類の案内をし決済。

無事登記が終わりホッとしました。

ただ、買主Cの担当者が「第三者のためにする契約って嫌いなんですよね。最後の買主にとったら何が第三者のためにだよって思いますもん!」と。 まぁ、ご意見はごもっともです。

最新記事

すべて表示

緊急事態宣言

昨晩、政府より東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に新型コロナウィルスに関して緊急事態宣言が出されました。これにより、強制力はないにしても不要不急の外出の自粛や一定業種の営業自粛などの要請が出るのであろう思われます。 弊事務所につきましては、感染予防の対策をしっかりとしておりますが、「来所するのを控えたい」や「人混みに行くのを控えたい」とのご要望がある場合、ご自宅もしくはお近くまで

3年目に突入

今日で事務所を開設して3年目に突入しました! ここまで無事に来れたのも皆様の多大なるご好意とご協力あってのものです。 「3年たったら独立したといえる」という言葉をどこかで聞いたことがあります。来年の今日、無事に3年を迎えられるよう、またそれ以上に続けていけるよう、初心を忘れずに日々精進していきます! 今後とも、どうぞ三上事務所をよろしくお願い致します。

相続セミナー

久しぶりの更新になります。 先日、ある会社のお客様対象に相続セミナーを開催いたしました。 本当は写真や会社名をお伝えしたいのですが、都合上NGなので。。。 1時間のセミナーでしたので「相続手続き・遺言」についてお話させていただきました。 このごろTVで遺留分について語られるようになり、遺留分についての説明が多かったような気がします。 また、相続人についてのご質問も多く、「自分の相続人は誰なのか」「

司法書士 三上事務所

〒273-0015 千葉県船橋市日の出2丁目2番11号

​TEL:047-404-6767

Copyright © 司法書士三上事務所 All Rights Reserved.