top of page

ブログ

検索

相続登記の登録免許税が免除になる土地


租税特別措置法第84条の2の3第2項により、相続登記(相続人に対する遺贈も含まれます)の所有権移転登記を受ける場合、以下の条件が揃えば登録免許税が免除されます(2021年3月31日まで)

①当該土地が市街化区域外の土地

②市町村の行政目的のため相続による土地の所有権の移転登記の促進を特に図る必要があるものとして、法務大臣が指定する土地

③不動産価額が10万円以下の土地

です!


ただ、これが対象土地かどうかは一般的によくわかりません。

そこで、管轄の法務局に問い合わせをすると、①と②については所在地と地番を言えば教えてくれます。

あとは、価額を調べてみて10万円以下であれば非課税となります。


法務局のHPを参考

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/page7_000017.html



最新記事

すべて表示

相続が発生すると、まず最初にしないといけないことが相続人の確定作業になります。 被相続人(亡くなられた方)にはどの順位の相続人がいるのだろうか(第1順位 子や孫、第2順位 直系尊属、第3順位 兄弟姉妹 配偶者は常に相続人です)、何人いるのだろうか等です。 例えば、お父さんが亡くなって、相続人が奥さんと長男、長女が相続人である。この場合は特に難しい問題は生じない可能性が高いです。 ここに条件を加えて

相続手続のご依頼を頂く際に、たまに「預金口座もお願いしたいのですが。」と言われます。 預金口座の解約払戻の手続きは一見簡単そうと思われています。ただ、最近はなかなか面倒になってきています。 まず、金融機関にそのまま赴いても「予約されてますか?」と言われます(もちろん、予約なしでも受け付けてくれる金融機関もあります)。第一段階でこの「予約」制度が引っ掛かる方が多いようです。仕事休まれて手続きに来てい

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 年始がバタバタしてしまい、新年のあいさつが遅くなってしまいました。。。 1月も16日を過ぎてしまい、新年のあいさつでもないと思いますが、今年も三上事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

bottom of page