top of page

ブログ

検索

成人が18歳に

今日、成人年齢が20歳から18歳に引き下げる改正民法が参議院で可決されました。


施行は2022年4月1日からなのでまだ先ですが、これで「大人」の定義が変わっていくのかなぁと思います。


成人として一人で意思決定できるので、われわれの仕事だと、18歳の依頼者から本人に委任状もらって登記できることになる!ということです。まだ違和感しかないですね。。。


あと、試験に合格すれば、18歳で司法書士にもなれるかも!(本当にでてきそう。。)


あ、でも、お酒とタバコは変わらず20歳からですw 

最新記事

すべて表示

相続手続のご依頼を頂く際に、たまに「預金口座もお願いしたいのですが。」と言われます。 預金口座の解約払戻の手続きは一見簡単そうと思われています。ただ、最近はなかなか面倒になってきています。 まず、金融機関にそのまま赴いても「予約されてますか?」と言われます(もちろん、予約なしでも受け付けてくれる金融機関もあります)。第一段階でこの「予約」制度が引っ掛かる方が多いようです。仕事休まれて手続きに来てい

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 年始がバタバタしてしまい、新年のあいさつが遅くなってしまいました。。。 1月も16日を過ぎてしまい、新年のあいさつでもないと思いますが、今年も三上事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

所有権保存登記。 登記簿の権利部の甲区に初めてする登記になります。全ての権利の登記(所有権移転登記や抵当権設定登記など)の基本となる登記なので、この所有権保存登記がないと他の登記はできないことになります。 多くは、建物を建てた場合で申請することになります。私も、建物の新築による所有権保存登記は何度もご依頼を頂いて申請させていただきました。 今回初めて「土地の所有権保存登記」のご依頼を頂きました。

bottom of page