top of page

ブログ

検索

住宅用家屋証明書

登記で必要なため住宅用家屋証明書を取得しました。

これは特に珍しいものではありません。

中古戸建の場合(新築の場合は後日にでも)

①個人居住用(併用住宅なら9割以上が居宅)

②総床面積が50㎡以上

③ 耐火建築物で建築後25年以内、その他の構造の建築物で建築後20年以内

という用件に該当 すれば、家屋の所在地の役所で発行されます。


先日取得したものはこの③に該当しないもの。木造建築で25年以上経っているものでした。

この場合、通常では取得できないのですが、

1.当該家屋が耐火建築物で建築後25年を超える場合、その他の構造の建築物で建築後20年を超える場合は、新耐震基準適合証明書または住宅性能評価書等、地震に対する安全性を証明した証明書の写し

2. 既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類

を添付すれば、発行されます!

今回は、2を添付しました。

しかし、役所の窓口で

私「家屋証明お願いします。付保証明書(既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類)で」

窓「?」

私「あ、いや、この書類付ければ木造で20年以上でも大丈夫ですよね。」

窓「?そうなんですか?ちょっとお待ちください。」

ちょっとお待ちくださいが30分以上かかりました。


役所の人たちもよくわかってないのかなぁ (でも、役所のHPに載ってるんですけどねw)

最新記事

すべて表示

相続手続のご依頼を頂く際に、たまに「預金口座もお願いしたいのですが。」と言われます。 預金口座の解約払戻の手続きは一見簡単そうと思われています。ただ、最近はなかなか面倒になってきています。 まず、金融機関にそのまま赴いても「予約されてますか?」と言われます(もちろん、予約なしでも受け付けてくれる金融機関もあります)。第一段階でこの「予約」制度が引っ掛かる方が多いようです。仕事休まれて手続きに来てい

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 年始がバタバタしてしまい、新年のあいさつが遅くなってしまいました。。。 1月も16日を過ぎてしまい、新年のあいさつでもないと思いますが、今年も三上事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

所有権保存登記。 登記簿の権利部の甲区に初めてする登記になります。全ての権利の登記(所有権移転登記や抵当権設定登記など)の基本となる登記なので、この所有権保存登記がないと他の登記はできないことになります。 多くは、建物を建てた場合で申請することになります。私も、建物の新築による所有権保存登記は何度もご依頼を頂いて申請させていただきました。 今回初めて「土地の所有権保存登記」のご依頼を頂きました。

bottom of page