ブログ

検索

住宅用家屋証明書

登記で必要なため住宅用家屋証明書を取得しました。

これは特に珍しいものではありません。

中古戸建の場合(新築の場合は後日にでも)

①個人居住用(併用住宅なら9割以上が居宅)

②総床面積が50㎡以上

③ 耐火建築物で建築後25年以内、その他の構造の建築物で建築後20年以内

という用件に該当 すれば、家屋の所在地の役所で発行されます。


先日取得したものはこの③に該当しないもの。木造建築で25年以上経っているものでした。

この場合、通常では取得できないのですが、

1.当該家屋が耐火建築物で建築後25年を超える場合、その他の構造の建築物で建築後20年を超える場合は、新耐震基準適合証明書または住宅性能評価書等、地震に対する安全性を証明した証明書の写し

2. 既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類

を添付すれば、発行されます!

今回は、2を添付しました。

しかし、役所の窓口で

私「家屋証明お願いします。付保証明書(既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約が締結されていることを証する書類)で」

窓「?」

私「あ、いや、この書類付ければ木造で20年以上でも大丈夫ですよね。」

窓「?そうなんですか?ちょっとお待ちください。」

ちょっとお待ちくださいが30分以上かかりました。


役所の人たちもよくわかってないのかなぁ (でも、役所のHPに載ってるんですけどねw)

最新記事

すべて表示

抵当権抹消登記。 住宅ローンなどで金融機関等から融資を受けた際に、不動産に抵当権を設定する方が多いと思います。ローンを完済したら抵当権は抹消することができます。 しかし、当然のごとく抹消されるわけではありません。金融機関等から抵当権を抹消するための書類を出してもらい、それを持って法務局に抵当権抹消登記を申請しないと登記簿から抵当権は抹消されないのです。たいていの方は、ローンを完済したらその書類を持

司法書士三上事務所を開業して丸5年が経ち、今日から6年目に突入しました。 正直、ここまでできるとは開業当時は自信が無かったです。 ここまで三上事務所を支えてくださった、ご依頼者様や声をかけていただける方々のお力によるものだと思います。 この場を借りてお礼申し上げます。 開業当時、色々な人に「まずは5年だね。5年頑張れることが大切だよ。」と言われました。いいときもあれば悪いときもありました。最近では

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2020年は世界的にとても大変な年になってしましました。去年の今頃は、こんなことになろうものとは想像もつかなかったことです。今年もまだまだ予断を許さない現状が続きます。まずは体を第一に考えて皆様お過ごしください。 今年も変わらないご愛顧をお願い申し上げます。