ブログ

検索

会社の本店所在地

会社を設立等する際、定款の会社の本店所在地の記載方法にいくつかのパターンがあります。

①東京都23区を本店所在地とする場合

 東京都○○区までの記載

②政令指定都市を本店所在地とする場合

 千葉市や横浜市等までの記載

③上記の地域以外を本店所在地とする場合

 最小行政区画まで記載

 千葉県船橋市、埼玉県越谷市等

④何丁目何番何号など最後まで記載

司法書士に会社設立のご依頼をされると、基本①~③になります。

④でも問題ないのですが、会社の本店を移した場合、例として千葉県船橋市内での移転をする時、③ですと定款変更にはならず、株式会社であれば基本取締役の決定のみです。

これが④の場合、隣のビルに引越しただけでも定款変更になりますので、株式会社の場合、株主総会の決議が必要になり、新しく定款を作成しなければなりません。

登記をするにしても、手続きが少し煩雑になってしまいます。

最新記事

すべて表示

抵当権抹消登記。 住宅ローンなどで金融機関等から融資を受けた際に、不動産に抵当権を設定する方が多いと思います。ローンを完済したら抵当権は抹消することができます。 しかし、当然のごとく抹消されるわけではありません。金融機関等から抵当権を抹消するための書類を出してもらい、それを持って法務局に抵当権抹消登記を申請しないと登記簿から抵当権は抹消されないのです。たいていの方は、ローンを完済したらその書類を持

司法書士三上事務所を開業して丸5年が経ち、今日から6年目に突入しました。 正直、ここまでできるとは開業当時は自信が無かったです。 ここまで三上事務所を支えてくださった、ご依頼者様や声をかけていただける方々のお力によるものだと思います。 この場を借りてお礼申し上げます。 開業当時、色々な人に「まずは5年だね。5年頑張れることが大切だよ。」と言われました。いいときもあれば悪いときもありました。最近では

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2020年は世界的にとても大変な年になってしましました。去年の今頃は、こんなことになろうものとは想像もつかなかったことです。今年もまだまだ予断を許さない現状が続きます。まずは体を第一に考えて皆様お過ごしください。 今年も変わらないご愛顧をお願い申し上げます。